女性が男性のセフレと関係を長続きさせる方法

MENU

せふれ

せっかくセフレが出来たのですから、長続きさせたいものですよね。 しかし、現実的には短い期間で終わってしまう場合が多い様です。 2〜3回会って終わったり、続いたとしても3ヵ月がせいぜいだったり・・・。

 

その要因としては、一般的に言って男の方に問題が有るのではと思います。 男はすぐに飽きてしまう動物なのです。 何度か関係を持ったら、他の女性を抱いてみたくなるどうしようもない生き物なのです。

 

特に、セフレを作って遊んでいる様な男は、一人の女性では満足しないのです。 女性の中にも同じ様な人はいると思いますけどね・・・。

 

セフレとの関係を長続きさせるにはどうすれば良いか?・・・それを考えてみましょう。

 

男の本性を頭に入れて置きましょう

せふれ

先ほども書きましたが、男は飽き易い動物なのです。

 

だから、大恋愛の末に結婚したとしても、妻の身体に飽きてしまい不倫や浮気に走るのです。 極論を言いますと、新しい身体ならどんな女性でも良いのです。 若い年代から、セックスレスで悩む女性が多いのもそのせいです。

 

だとしたら、そんな男を繋ぎ止めておくためには、女性の方も頭を使わなくてはいけません。 男の本性を常に念頭に入れて置いて行動するようにしましょう。

 

 

マンネリを避けるために変化を持たせましょう

セフレと言えど、男女の間ですからもちろん感情が入ります。

 

普通の恋愛と一緒で、マンネリというのはセフレ関係においても避けるべき事なのです。ただ、普通のカップルと違って、おおっぴらに電話したりデートしたり出来ない関係ですので、よりマンネリ対策が必要になります。

 

ここで、セフレを持つ女性に気にして頂きたいマンネリ対策法を2つご紹介します。

1.あなた自身の変化

せふれ

長続きさせるためには、男にマンネリ感を持たせない事です。

 

「この女にもマンネリ気味で飽きたな〜」と思わせない事が大事なのです。 そのためには、“変化”という言葉がキーワードになります。 変化にも色々ありまして、まずは女性が見た目を変化させるのも手です。

 

いつも同じヘアースタイルでは無くて、思い切って大胆に変えてみるのも良いでしょう。 ロングヘアーをばっさり切ってショートカットにすれば、男は違う女性を抱いている感覚になるかもしれません。

 

また、いつもジーンズやパンツばかり履いている女性は、たまにはスカートを履いてみるのも良いと思いますよ。 特にミニスカートだったら、男が興奮するのは請け合いですね。 それで椅子に座り、チラっとスカートの奥を見せてごらんなさい!・・男は興奮して覗き込もうとするかもしれません(笑)

 

2.プレイの変化

せふれ

セックス自体も、たまには変化をつけて楽しむようにしましょう。

 

一般的に言って、セックスは男の方がリードして行いますが、女性の方がリードするのも良いと思います。 男の愛撫を待つのでは無くて、最初から男が喜ぶ事を積極的にしてあげるのです。 ホテルに入るなり抱き付いてみるのも良いでしょう。

 

可愛い女を演じて、「今日はいつもと違うぞ」と思わせたらしめたものです。 セックスのテクニックは無くても、体位を工夫したり、イメージプレイを取り入れたりして変化を付けるのです。

 

コスプレを取り入れて、違う女性とセックスしている様に思わせるのも良いでしょうね。 やりたくないプレイは断るべきですが、断り方にも注意が必要です。

 

「嫌だ、やりたくない!」と、とりつくしまも与えない言い方では、気の弱い男なら「○○子ちゃんの方が良かったな〜」と考えてしまうものです。 そうなると、誘うのをためらったりする様になるとも限りませんので、やんわりと断る様にしましょうね。

 

感謝の気持ちを表してみましょう

せふれ

セフレと言えども、人と人との?がりの上で成り立っていますので、感謝の気持ちを忘れずにいましょう。

 

あなたは、男から気持ち良くして貰ったら「ありがとう」と言っていますか? 「気持ち良くして貰うのは当然だ」という態度を取っていませんか? 何事においても感謝の気持ちが必要な様に、セフレ関係でも感謝の気持ちは必要です。

 

たまにはその気持ちを表してみましょう。 ピクニックでは有りませんが、ホテルに手作りのお弁当やサンドイッチなどを持参するのは如何でしょうか?

 

クッキーなどを焼いて来るのも良いかもしれません。 恋人では有りませんので、甘い雰囲気は必要無いでしょうが、たまには女子力を発揮してみるのも良いと思いますよ。 感謝の気持ちのついでに、一度くらいはホテル代を出してみるのも有りかもしれません。

 

そして、ホテルを出る時は「今日はどうもありがとう」と言ってみましょう。 また、その日の内に、お礼のメールをするのも良いでしょうね。 セフレになって日が浅い内は、そんな事もしていたのではないですか?
それが、回を重ねるうちに感謝の気持ちが薄れてきて、いつのまにか忘れているのではないでしょうか・・・。

 

大胆さと恥じらう気持ちを使い分けましょう

せふれ

大胆なプレイや行動も時には必要で、そうする事によって男も興奮し喜ぶでしょうが、女ですから恥じらいの気持ちを忘れてはいけません。

 

裸で、ベッドの周りをうろうろするのも考えものです。 男によって違うとは思いますが、裸で歩き回るよりバスタオルを巻いたり、面倒でも下着を付けて動き回る方が、女としての色気を感じます。

 

丸見え状態より、何かの拍子に見えたりする方が、男は興奮するものです。 長く付き合っていると、恥じらう気持ちが薄れてきて、大事な女の部分を忘れてしまいがちになります。
それだと、男も新鮮さを感じなくなり、次第に誘う気が無くなってしまうものです。 大胆さと恥じらう気持ちの両方を使い分け、いつまでも男に会いたいと思わせる事が大切です。