セフレを彼女にしてはいけない5つの理由?

MENU

せふれ

「セフレはいるけど本命の彼女がなかなか出来ない!いっそのこと、今のセフレを彼女にしようかな〜」と考えているあなた・・・ちょっと待ってください!
早まってはいけません!・・・基本的にセフレを彼女にすべきではありません。
まれに、セフレの関係から彼女の関係に発展することも有りますが、成就する事は少ないと思いますよ。

 

セフレとして長く付き合っていると情が湧いてきますので、気持ち的に分からない事もありませんが、本当に女性として信用出来るのか等を自問してからでも遅くはありません。
お互いに、内面的にも凄く気に入っていて、強い?がりを感じていれば別ですが、普通はセフレを彼女にするべきではないのです。
後で後悔しないように、その理由を迷っている人の為に考えてみましょう。

 

 

1.対等な立場になれない

 

あなたはセフレを探す時に、どんな事を思って探しましたか?
「性欲を満たしてくれるだけでいい」「身体の相性が良くて、エッチしたい時に会ってくれるだけでいい」等と考えていませんでしたか?
そんな考えで探したセフレであれば、お互いが対等な立場になる事は難しいでしょう。
特に男の方は、「人間として俺の方が格が上だ」とか、「あの女は男なら誰でもいいと思っている」等と蔑んだりしている人もいます。
そんな考えが頭の中にある限り、対等な立場で付き合っていくには無理が有ります。
性格の良さや価値観なども考慮して決めた相手であれば、上手く行く可能性も有りますが、エッチの相性やグラマーな身体つき等で決めた場合は、たとえ彼女になったとしても長続きしないと思います。

 

 

2.女性の方が打算的

 

せふれ

セフレ関係というものは、お互いに打算的な考えが働いていますし、どちらも都合良く相手を使おうと思っているものです。
エッチしている時は可愛い態度で接している女性も、心の中では何を考えているか分かりません。
「甘く見られない様にしよう」「こっちが都合よく使ってやるわ」等と思っているかもしれません。
完全に信用している訳では無いので、腹の探り合いみたいな所が有りますが、男性の方はエッチ出来るだけで満足していて、あまり考えていない人もいるかもですね。
弱い立場である女性の方が、「利用されない様にしなくては」と、いつも強く思っているのではないでしょうか。
女性の方がより打算的ですので、役に立たなくなった男は逆に捨てられかもしれませんよ。

 

 

3.真剣に愛情を注げるか疑問

 

あなたは、今までセフレとして付き合って来た女性に対して、真剣に愛情を注げる様になると思いますか?
彼女というものは、男として守ってやらなければいけない存在です。
しかし、お願いがある時だけ甘えて来る様な女性や、男を都合の良い存在にしか見ていない様な女性を、一人の女性として大切に守って行くことが出来るかどうか?・・・・自信がある人は少ないのではないでしょうか。
女性の方も、身体だけを求めて来た様な男に、本気で愛情を注いで尽くしてくれるとは思えません。
それらの事を、真剣に考えてから行動しないと後悔しますよ。

 

 

4.全てに対して束縛される

 

せふれ

彼氏彼女になった場合は、お互いに束縛したくなります。
いつでも自分一人を見ていて欲しくなるものです。

 

特に女性の場合は、煩雑に連絡したり、他の女性とメールしていないか等をチェックしたくなります。
そうなると、男性側は自由が奪われて重たくなり、「彼女にするんじゃなかった」と後悔してしまいます。

 

束縛されても何とも思わない人や、彼女一人だけを見つめて行ける人でないと難しいでしょう。

 

 

5.責任が問われる

 

男は彼女に対しての責任が出て来ます。
極端に言うと、彼女のこれからの人生を背負う事になる訳です。
二人で歩いて行く先には、困難な事が待ち受けているかもしれませんので、中途半端な気持ちでは継続していくことは難しいでしょう。
愛情を維持するためには、それなりの努力も必要です。
責任とか努力という事に対して、逃げずにまっとう出来る人でないと務まりません。
それらを分かった上で、どうするかを決めましょう。

 

 

まとめ

せふれ

気楽なセフレ関係から、彼氏彼女として付き合うのは不安が有るはずですし、実際にそうなってみないと分からない事も有ります。
後になって「やはり間違いだった」と後悔するかもしれません。
間違いだったと気付いたら引き返せば良い訳ですが、そう簡単に引き返せない場合も有ります。
また、気付くまでにかなりの時間が経っていれば、貴重な時間を無駄に過ごしたと思ってしまうかもしれません。

 

セフレから本命の彼氏彼女になり、そのままゴールインしているカップルもいるとは思いますが、紆余曲折は有ったはずです。
お互いが自然体でいられて、居心地の良い生活がおくれると思えるなら良いですが、そうでなければセフレを彼女にすべきではありません。
また、迷っている様であれば止めるべきです・・・覚悟が必要ですので、迷っている等という状態では、何か有った時に乗り切れる訳が有りません。